軽便鉄模アンテナ雑記帳

軽便鉄模アンテナ管理人の雑記帳です。ナローゲージ鉄道模型の話題が主

軽便鉄模アンケート2008・分析編2(製品)

先月実施した「軽便鉄模アンケート2008」の集計と分析の第2回目ですが、オノデラさんがブログでこのような提案をされているので、それに呼応したネタとして「ここ1年以内に購入したナローのキット/完成品でお気に入りの品」について取り上げてみます。

Q4:ここ1年以内に購入したナローのキット/完成品で、お気に入りの品を3つお答え下さい。

杉山クライマックスがぶっちぎりトップ。南筑と森林ボギーが2位

★上位にランクインしたのは以下の製品です。

杉山模型 14tクライマックス(HOナロー) 7人
アルモデル 南筑軌道石油発動機(Oナロー) 4人
アルモデル 森林ボギーDL(HOナロー) 4人
モデルワーゲン 加藤製3トンDL(HOナロー) 2人
モデルワーゲン 上松の凸型DL(HOナロー) 2人

杉山模型の14tクライマックスがぶっちぎりでトップです。今年後半のナロー系鉄模ブログのイベント戦利品報告の常連でしたし、周囲でも購入した人が多い・・・っていうかみんな買っている・・・ですから、この結果は頷けるものがあります。昔ながらのしっかりとした作り。それでいて価格は安い(絶対的には高いかもしれませんが、天賞堂のプラ蒸機より安いんですよ!)。走りの良さ。そして愛らしいスタイル。これらが近年の杉山製品がナロー模型ファンに愛される理由だと思います。

アルモデルOナロー南筑HOナロー森林ボギーDLの2つがランクイン。南筑の人気は実物が有名ゲテモノ車輌であることと、お手軽Oナローであることが理由でしょう。森林ボギーDLはKATOのBトレ動力使用でありながら、ほぼスケール機*1であるからでしょうか?
モデルワーゲンは土工派と林鉄派で票が分かれた感じですね。あと、加藤3トンは周囲でも何名かの方が買われているのですが、まだ完成させた方はおらず、そのため「お気に入り」にはまだなっていないのかも知れません。
ペアーハンズバックマンのOナローは票が割れてランクインせず。例えばペアハンOナローはホイットコムで1名、大谷鉱山協三タイプで1名、Oナローシリーズという事で1名でした。バックマンOナローもレールバスレールトラック、ガスメカとばらけました。これらは「ペアーハンズお手軽Oナロー」「バックマンOナロー」でまとめれば、それぞれ3票ずつを獲得しています。
ワールド工芸はあれだけいろいろ製品を出していて、というか多数出ているからなのか、複数票を獲得した製品がありませんでした。これについて後日書きたいと思いますが、正直出し過ぎな気もするのですが・・・

今年のベストは杉山クライマックスでどう?

というわけで、オノデラさん提唱のカーオブザイヤーならぬナローゲージモデル・オブザイヤー?(もしくは日本軽便鉄模大賞?)は杉山模型の14tクライマックスが妥当ではないかと思う次第であります。みなさんどうでしょうか?
その3につづく)

*1:少々オーバースケールですが、実物が小さ過ぎるんですよ。