軽便鉄模アンテナ雑記帳

軽便鉄模アンテナ管理人の雑記帳です。ナローゲージ鉄道模型の話題が主

軽便鉄模アンケート2008・まとめとお礼と終わりの言葉

★昨年(2008年)11月に実施した「軽便鉄模アンケート2008」に皆様から頂いた回答の分析を「軽便鉄模アンケート分析編」として5回に分けてお送りしてまいりました。

★とりあえず上記の5回の記事にて全ての項目に対する分析が完了しましたので、今回の軽便鉄模アンケート2008についてはひとまず完了とさせて頂きます。ご回答頂いたナローゲージャーの皆様に改めてお礼申し上げます。ありがとうございました
★また、分析編3(年齢について)については多数のコメントを頂き、少々驚いている次第。三十代後半〜四十代の皆さん(今風に言えばアラフォー)も、そろそろご自分の模型史を残しておきたい・語っておきたいという事なのかもしれません。ブルトレブームの時のNゲージ少年も、今や四十前後なのでありますよ!(案外そういう事に気がついていない方が多いような気が・・・。よく商売で「団塊の世代をターゲットに」と言うけれど、アラフォーをターゲットにした方が現実的なのでは?)。
★今回のアンケートの有効回答数は28名。決して多くはないですが、「軽便鉄模アンテナ」のアクセス数が1日に300IPアドレス前後。よって継続的に使って頂いている方々が多くて300名前後と推定。その中のほぼ1割の方が回答して頂いた訳です。以前に「雑誌でも反応があるのは読者の1割」という話を聞いた事があります。また見てくださっている推定300名の中には、実際にはナローをやっていない方も意外と多いのではと推察しています。そうそう、私の周囲のナロー好きの方の中には「自分が回答すると結果が偏るから」と言って自粛?された方も複数おられました。
★今回皆様から頂いた回答と集計結果を見て、結構意外な結果が出た事に驚いています。そして現在のナローゲージ模型界が抱える問題も炙り出された様な気がします。皆様から頂いた回答は、たとえそれが少数意見ではあっても傾聴に値する意見ばかりであったと思います。
今回のアンケート結果が何かの役に立ち、ナローゲージ鉄道模型界がより楽しくなれば良いなぁ・・・と思う次第であります。
★最後に「分析編を全部読むのはかったるい」という方の為に、以下に概略をまとめておきます。

Q1:あなたの鉄道模型に占めるナローの割合はどれ位ですか?
→大半の人は80%以上。

Q2:あなたが楽しんでいるナローゲージ模型のゲージとスケールは?
→HOナロー9ミリが最多ではあるが、予想以上にOナロー16.5ミリのファンが多い。またHOナロー6.5ミリのファンも結構いる。

Q3:あなたが楽しんでいるナローゲージ以外の鉄道模型のゲージとスケールは?
Nゲージと16番(HOゲージ)が多い。

Q4:ここ1年以内に購入したナローのキット/完成品で、お気に入りの品を3つお答え下さい。
杉山模型のHOナロー14tクライマックスがトップ。次いでアルモデルのOナロー南筑石油発動車とHOナロー森林ボギー

Q5:製品化を希望するナロー車輌は?
蒸気機関車が最多。手頃な値段の製品を希望する声も多し

Q6:製品化を希望するパーツは?
→動力ユニット、車輪やギアの希望が多し。

Q7:あなたの年齢は?
→四十代が最多。第二次ベビーブーム世代は皆無なのが謎。

Q8:鉄道模型に掛ける金額を月額又は年額でお答え下さい。
→平均は月3万

Q9:購読する模型誌、実物誌は?
→購読者数はTMS→とれいん→RMMの順。ただし毎月買う人は少ない。実物誌購読者はごく少ない。

Q10:良く見ているネット上の鉄道模型サイト・ブログは?
→軽便鉄模アンテナから一通り・・・という方が大半。

Q11:あなたの模型歴は?
→少年時代から継続している人と、中断してから復活後数年の人に二分

★最後の最後に一言。そもそもこのアンケートは、珊瑚模型店ダックスのキットに入っていたアンケート葉書アララギさんに頂き、オノデラさんから「アンテナでやってみては?」と提案を頂き、実施するに至ったのであります。
ダックス祭後夜祭・ダックスアンケート - 軽便鉄模アンテナ雑記帳
で、その本家本元?のダックスのアンケート葉書ですが、どのような回答が寄せられたのでしょうか? 皆さん気になりますよね。
ダックス祭の際にアララギさんから伺ったところによると、返信されてきた葉書はまとめられて珊瑚模型店の地下に保管されている筈なんだそうですが、「ダックス祭」の準備の際に珊瑚さんにお願いして探してみて頂いたものの、残念ながら発見に至らなかったそうです。
当時のナローゲージャーの熱き想いが込められているであろうアンケート葉書。今も珊瑚模型の地下に眠っているであろうその葉書の束が発見された暁には是非とも拝見したいものであります。