軽便鉄模アンテナ雑記帳

軽便鉄模アンテナ管理人(うかい)の雑記帳です。ナローゲージ鉄道模型の話題が主

2009JAM(第10回国際鉄道模型コンベンション)速報

★会場に到着したのは8時50分頃。その時点で既に開場待ちの長蛇の列。もっとも開場から暫くすると列もなくスムーズに入れるようになりました。
★今回ナローファンに注目されていたのは杉山模型のガーラット(HOナロー9ミリ)。実物は思っていたよりもコンパクトで、可愛い過ぎ! しかも半径R100のカーブを(当初R120と書いていましたが、その後確認したらR100でOKでした)通過します。
少量生産ですが、本日閉場時点ではまだ売り切れていませんでした。明日(土曜)の朝一なら間に合うかも…
杉山模型はもう一つ、HOナロー9ミリのゴンドラカーを発売。完成品が2200円、キットが1800円。
★ペアーハンズはHOナロー9ミリの鹿島軌道単端を発売中。車体はホワイトメタルで床板だけ洋白エッチング。動力はトミーテック鉄道コレクション用動力の台車だけを使い、キットに添付されているモーターを取り付けて2軸動力として使うというもの。
★ネコ・パブリッシングからはモロさんこと諸星昭弘氏の新刊「鉄道模型インテリア」が発売中。表紙になっている作例はナローレイアウトです。
速報!鉄道模型インテリア先行発売!: オモロなジオラマ
ワールド工芸のブースでは自社製品が25%OFFで販売中。ただしジャンクの販売が無かったのが残念。
★銀座軽便倶楽部のブースでは特製完成品いろいろ。ナローガレージも一緒に出展。
★アルモデルはパーシー用コンバージョンキットの他、既存の製品も各種持ち込んで販売中。
ターナー色彩ブースでは「水性グレインペイント」の新製品、水面表現用の「アクアペイント」のサンプル展示中。
★JAM理事作品展示コーナーに、大野雅志さんのHOナローレイアウト「マナ・カナ製糖工場専用線」が展示されてました。
雀坊さんがさっそくレポートをアップされています。是非ご覧あれ。
(2009/08/23追記)みなさんのレポートへのリンクは、こちらに移動しました。