軽便鉄模アンテナ雑記帳

軽便鉄模アンテナ管理人の雑記帳です。ナローゲージ鉄道模型の話題が主

2010年5月のまとめ

早いもので5月も今日で終わり。暑くなったり寒くなったりで体調を崩されている方も多いかと思います。今月は月初がゴールデンウィークでしたので、車輌やレイアウトの工作が進んだのではないでしょうか?
そんな訳で月末恒例の「今月のまとめ」であります。

今月のイベント

★毎年恒例の静岡ホビーショーが開催。もともとプラモデル・ラジコン系の見本市でしたが、プラモデルの衰退傾向の為か、近年は鉄道模型やミニカーのメーカーの出展も多くなっています。ナロー系の製品はさすがにありませんでしたが、ナローにも使えそうな製品の情報もちらほら。詳しくは以下をご覧下さい。

個人的にはエブロの戦前型ダットサンの1/43ミニカーが気になります。

今月の話題

★今年の「軽便鉄道模型祭」の日程と概要が公式ブログにて発表されました。詳しくは公式ブログの以下の記事をご覧あれ。

★「ロクハン」なる新ブランドが日本型Zゲージへの参入を表明。注目されるのは小半径のカーブやポイントも含めた線路システムの発売を予告している事です。「乙」ことHOナロー6.5mmやNナローを手軽にやりたい方には朗報でしょう。

★ドイツのフライッシュマンが発売していたOナロー製品「マジックトレイン」(Oe、1/43.5 16.5mm)ですが、RMモデルズ誌の外国型模型専門店モデルバーンの広告にて「最終入荷」との文字が。フライッシュマンのホームページを見ると、既にマジックトレインシリーズは掲載されていません。日本にも発売直後から輸入されていましたが、バックマンOn30ほどの人気にはならなかった感がありますね。いずれにしても残念な話であります。

今月の新製品

ワールド工芸のHOナロー「KATO 3t 葛生原石軌道タイプ」のキットが発売。以前同社から出ていたKATO3トンの改良新製品ですが、設計を含めてまったく違う様です。

またワールド工芸からは、HOナロー「明神電車あかがね号(窓桟付晩年仕様)」のキットも発売になっています。

あかがね号は晩年仕様でないものが、3月に発売になっていたのでした。
道楽ぼーずよりOナロー用の人形「Oナロー産業用機関車運転士」(2種類有)が発売されました。

そうそう、同店のWebページを見ると「Oナロー トモエ6t蓄電池機関車キット製作中」ともあります。JNMAかJAMコンベンションで発表・発売になるのでしょうか? 気になりますね。
★5月と予告されていたKATOポケットライン(Nゲージ)のマイナーチェンジ再生産は6月にずれ込んだ様です。

今月のメディア

DCCで楽しむ鉄道模型−サウンド・応用編−

DCCで楽しむ鉄道模型−サウンド・応用編−

オーム社より発売された松本典久氏の「DCCで楽しむ鉄道模型」は分かりやすいDCC(デジタルコマンドコントロール)入門書として好評でしたが、続編として「DCCで楽しむ鉄道模型サウンド・応用編−」が発売となりました。

今月の気になる記事

★「日々是工日〜ナロー&トラクション・モデリング」さんにて、今度は幻のトビー軽便Bタンクの話題が取り上げられています。

TMS(鉄道模型趣味)誌の広告にたった1度だけ試作品の写真が掲載されたものの、結局発売される事のなかったこの製品、未だにベテランナローゲージャーの間で語り草になっています。エガーバーンレプリカは多数の方が作られていますが、どなたかトビーBタンクのレプリカも作ってみては如何?
★akinoriさんがあやしいプリムスのレジンキットを格好良く組み立てて紹介されています。

このキット、国内でも一部の模型店で入荷した事がありますが、昔のミニトレインズ製品をコピーしたもの。ところがその本家本元のミニトレインズのDLが復刻される模様です。これについては追ってご紹介したいと思います。

★今月はこのあたりにて。それではまた来月…