軽便鉄模アンテナ雑記帳

軽便鉄模アンテナ管理人の雑記帳です。ナローゲージ鉄道模型の話題が主

2010年9月のまとめ

長らく暑い日々が続いていましたが、ここ1週間で急に涼しくなりましたね。しかしナロー鉄模界は軽便鉄道模型祭に向けて熱い日々が続いているようであります。
というわけで、月末恒例「今月のまとめ」、今回は2010年9月の出来事を振り返ってみたいと思います。

今月の話題

★今月は、10月3日の軽便鉄道模型祭に向けて製作中の作品のアップが相次ぎました。それらについては、以下の「前夜祭」をご覧ください。

★Zゲージへの新規参入を表明しているロクハンですが、第一弾の製品として線路各種の定価と発売日が決定。以前よりお伝えしている通り、R95などというNナロー/HOナロー6.5mmに使って下さいと言わんばかりの小半径カーブの線路もあります。
第一弾の商品発売日と最終価格の発表! | 新着情報 | ロクハン
http://www.rokuhan.com/
★Nナローといえば、「Nナローモデリング」にて、先日発売になったばかりの天賞堂Zゲージのトラ35000をそのままNナロー貨車として使ってみた例が掲載されています。Nナロー機関車によく似合っており、これは使えそうです。

GSIクレオス(旧グンゼ)のMrカラースプレーですが、10月より値上げとなるそうです。

今月の新製品

★オレンジカンパニーよりOナロー16.5mmの「頸城鉄道 コッペル2号 蒸気機関車」バラキットが発売になりました。定価は80000円。
http://hw001.gate01.com/orangejp/orange_003.htm
昔はOナローといえばオレカン(オレンジカンパニーの愛称)という時代が長く続きましたが、ここ何年かは同社がTT9プロジェクトに注力しているのか、あまり新製品が出ていませんでした。最近流行りのいわゆるお手軽系Oナローとは一線を画す本格的?高級バラキット。工作派の方が喜びそうです。

今月のメディア

★ネコ・パブリッシングより「情熱が生んだ鉄道模型エコーモデル・その世界2 車輌模型編」が発売となりました。

情熱が生んだ鉄道模型―エコーモデル・その世界2 車輌模型編 (NEKO MOOK 1534)

情熱が生んだ鉄道模型―エコーモデル・その世界2 車輌模型編 (NEKO MOOK 1534)

豊富な商品バリエーションを誇るエコーモデルですが、図/写真入りカタログは最後に発行されてから四半世紀近く途絶えたままでしたが、この本はそのエコーモデルの車両関連パーツのカタログを兼ねた本となっています。
★とれいん10月号は塗装についての特集。こういった特集は以前より同誌が得意としていますが、今回もなかなか好評だったようです。
とれいん 2010年 10月号 [雑誌]

とれいん 2010年 10月号 [雑誌]

★TMS(鉄道模型趣味)10月号は、8月、9月号に引き続き木曽モジュール倶楽部のHOナローモジュール記事が掲載。今月はネット上でもお馴染みkondouraさんのモジュールが掲載されています。
鉄道模型趣味 2010年 10月号 [雑誌]

鉄道模型趣味 2010年 10月号 [雑誌]

レイアウトの記事はもう一つ、東見沼軽便鉄道「7月の昼下がり」が掲載。こちらもHOナロー9ミリで、シンプルかつゆったりとした風景のレイアウト。小スペースでも楽しめるナローでこのようなプランとする事は、ある意味贅沢かもしれません。

★今週末は軽便鉄道模型祭。来月はそのレポートが多数アップされるかと思います。今から楽しみであります。
それではまた来月!