軽便鉄模アンテナ雑記帳

軽便鉄模アンテナ管理人の雑記帳です。ナローゲージ鉄道模型の話題が主

2010年11月のまとめ

早いもので今日で11月も終わり、明日からは12月。今年も残り1か月ですね。そろそろ冬のボーナスで何を買うか算段されている方もいるのでは?
というわけで月末恒例の「今月のまとめ」。2010年11月のまとめをしてみたいと思います。

今月の話題

ワールド工芸がHOナロー「足尾のフォード」とその客車の改良再生産を予告。今回は9ミリゲージバージョンの他に6.5ミリゲージバージョンも発売(客車の方は組立時に9mmか6.5mmか選択式)するとの事。マニアックであった「乙」ことHOナロー6.5mmがついに一般流通に乗るまでに至ったのであります。

★足尾のフォードといえば、足尾歴史館にて復元された実物(87/87スケールモデル?)が運転されていますが、この復元ガソリンカーのお供の客車(足尾の人車)が完成して月末に披露されたとの事。足尾歴史館は12月から春まで休館となりますが、来年春から本格的に活躍することでしょう。フォードに続いて森製作所製GLのレストア作業も進んでいるようです。

今月の気になる記事

★軽便モジュール倶楽部の「下北南部電鉄」モジュールが某所にて撮影された模様。そのうち雑誌に掲載されるものと思われます。楽しみですね。

今月の新製品

★さかつうギャラリー/クラシックストーリーが「白樺高原鉄道」と題して、HOナローの自由形車輌のレーザーカットによるキットを発売開始しました。

下まわりはしばらく前に発売になったミニトレインズ(さかつうギャラリーでも取り扱い)のトロッコを使用する製品です。
バンダイBトレインショーティー用動力ですが、先月末に発売になった機関車用に引き続き、月末最終日に電車・気動車も発売となりました。機関車用が2軸なのに対し、こちらはボギー。以前より発売されていたKATO製のBトレ動力よりも車輪径が大きく、台車側枠が交換できるのが特徴です。

今月のメディア

RM MODELS (アールエムモデルス) 2011年 01月号 Vol.185

RM MODELS (アールエムモデルス) 2011年 01月号 Vol.185

★RM MODELSの最新号(1月号)にあちこちから不満の声が上がっている模様。皆さんのブログやツイッターを拝見すると、いつもより内容が薄い、特集(ショップ特製品)が安易過ぎる、誌面レイアウトが粗雑…といったところが指摘されています。読者全員を満足させる雑誌など無理ですから、Aさんが満足してもBさんは不満タラタラ…という事は良くありますけれど、今回についてはそういう問題とは違う様に思われ、少々気になるところ。その様な訳で敢えてここに記す次第です。

★さて、来月は月末に大宮ソニックシティさいたま鉄道模型フェアが開催されます。これに合わせて新製品を発売するナロー関係メーカーもある模様。楽しみですね。
日々連続する忘年会や、家族や彼女へのクリスマスプレゼントで、皆さんの財布が軽くなっていない事を祈るや切なりであります。
それではまた来月!