軽便鉄模アンテナ雑記帳

軽便鉄模アンテナ管理人の雑記帳です。ナローゲージ鉄道模型の話題が主

2011年5月のまとめ

まだ5月だというのに、早々と梅雨に入ってしまいましたね。節電の為もあって、どこの会社も早々とクールビズを開始していて、いつもより季節が前倒し?している印象。
なんだか気分がジメジメしてしまいますが、そんな気分を吹き飛ばすべく、月末恒例の「今月のまとめ」をしてみたいと思います。

今月の話題

コンさん製作の「PU101改良キット」が銀座軽便倶楽部より発売。旧乗工社パワーユニットPU101(現在はモデルスIMONより改良されて発売中)をディテールアップするキットですが、発売当日に50個が即売り切れ、翌日50個追加販売されたものの再び即売り切れ…と大人気となりました。どうやら一人で複数買われた方も多かった模様。コンさんによれば「かなり難しいキット」との事。皆さん今頃チャレンジされている頃でしょうか?

★第7回軽便鉄道模型祭の概要が発表されました。今年も10月第1日曜日に東京・目黒にて開催されます。

★軽便祭といえば、クリッターズクラブによる祭内祭?も毎年恒例。昨年は「PU祭」でしたが、今年は「あなたも、きっとコッペル」との事。いずれクリッターズクラブの公式ブログにて正式発表があると思いますが、参加されたい方はいまからご準備を…
★最近相次いで参入するメーカーが増えているZゲージ。ナローファンとしてはNナロー6.5mmやHOナロー6.5mmに線路や動力が転用できる為、その動向に注目したい所ですが、RMM誌最新号によれば、天賞堂、プラッツ、クラウンモデル、ロクハンなどが結成した「Zゲージ連絡会」が新たに「全日本Zゲージ模型普及協議会」(略称:ZFK)と名を改めて活動していくとの事。今後が注目されます。

今月のメディア

とれいん 2011年 06月号 [雑誌]

とれいん 2011年 06月号 [雑誌]

とれいん誌6月号では毎月連載の「模型千一夜物語・6.5mmレイアウトを作ろう!」「蕗狩通信」に加え、skt48さんによる「簡単で実感的な針葉樹の作り方」が掲載。一読をお薦めします。

今月の気になる記事

★何やら最近、レイアウトに露天風呂を作るのが密かなブームの模様。

家元同様、「温泉人形セット」の製品化を望む方もおられるかも。
★Oナローに使える人形は最近国内メーカーからもぽちぽち出始めましたが、その大きさの違いが一部で話題になりました。

元々Oナローは、アメリカ系は1/48(1/4インチスケール)、ヨーロッパ系は1/43.5(7mmスケール)という縮尺の差異があり、鉄道模型以外の分野の模型用品を流用する場合でも、飛行機/ミリタリー系プラモデルは1/48、ミニカーは1/43、建築模型は1/50…とバラつきがあります。今後新たに製品化する場合にどうするか? 今後多少の議論が必要かもしれません。

★来月も梅雨が続き、なかなか塗装作業が出来そうにありませんね。こういう時にはレイアウトの作業など進めてみるのも一興。進捗がありましたら是非ブログ等で発表して頂きたいところであります。
それではまた来月!