軽便鉄模アンテナ雑記帳

軽便鉄模アンテナ管理人の雑記帳です。ナローゲージ鉄道模型の話題が主

2012年3月のまとめ

春だというのに中々暖かくならないですねぇ。その割には花粉だけはしっかり飛んでいる今日この頃。皆さん如何お過ごしでしょうか? ワタシも花粉症デビューしてから早7年ですが、一昨年に毎日ヤクルトを飲むようになってから、症状が軽くなった気がします(※個人の感想です(笑))。
というわけでヤクルトをちびちび飲みつつ、2012年3月のまとめをお送りします。

今月の話題

★仙台のコンさんがマグネット式の朝顔カプラー、通称「朝マグ」を開発中。着手から一カ月で既に試作品まで出来ているという手の速さにびっくりです。

オノデラさんも早速同様のカプラーを試作して試しておられます。

マグネット式のカプラーといえばBトレインショーティーが使っていますが、強力な磁石の使用により、Bトレのカプラーよりも二回りは小さいサイズで、形態的には申し分ありません。
この「朝マグ」、HOナロー用カプラーの決定打になるか? 今後に注目であります。
★東京・練馬の新額堂といえば、ナロー関係や海外製品に強く、かつ面白い品物がいろいろある店としてコアなナローファンの間で人気のお店でありますが、先月末にブログを開設されました。

どういうお店なのか一言で説明するのが難しかったのですが、ブログを随時チェックされるとよく分かるかと思います。そして一度は行ってみたくなる事でしょう。

今月の新製品

★トーマモデルワークスのOナロー「コッペル5tボトムタンク」キットがついに発売となりました。

同社のブログにて、組立のポイントが解説されています。

初回生産分は既に売り切れ、追加分は4月との事。既に組立に着手されている方も複数おられますね。

★モデルワーゲンからHOナロー「井笠のホジ101〜102」のキットが発売になりました。以前に出た同じ井笠のホジ1〜2と同様の製品です。

★モデルスシマの「On30 ボギー客車エッチングキット」ですが、完成品が発売になったとの事。お値段は21000円で「お好みの色で受注製作いたします」ともあります。この製品はアルモデルに設計・製造を依頼したものなので組立は難しくはないですが、組立や塗装が面倒という方には朗報かも。

今月のメディア

鉄道模型趣味(TMS)誌4月号には、ウエハラさんのHOナロー仙台鉄道キハと貨車が掲載。また、小林信夫氏の連載では段ボールで作るOナローのステンレス電車が掲載されています。

鉄道模型趣味 2012年 04月号 [雑誌]

鉄道模型趣味 2012年 04月号 [雑誌]

★RM名取編集長のブログ「編集長敬白」では、レイルマガジン本誌とリンクする形で、東京の首都高速道路の建設工事現場で使われているナロー工事用軌道が紹介されています。

東京MXテレビ(東京のローカルテレビ局。デジタル9ch)の番組で取材された事はありましたが、趣味人の立場でしっかり取材されたのはこれが初めてだと思います。道楽ぼーずのトモエバテロコなど使って、模型で再現してみるのも楽しいかもしれません。
★ところで名取編集長といえば、26年間続けたレイルマガジンの編集長を離れられるとの事。

「RMライブラリー」の編集長は続けられるとの事なので、ブログの名前は今まで通りのようですね。ともあれ長い間御苦労様でした。

Rail Magazine (レイル・マガジン) 2012年 05月号 Vol.344

Rail Magazine (レイル・マガジン) 2012年 05月号 Vol.344

そうそう、姉妹誌のRMモデルズの方も、先日牧窪前編集長から羽山新編集長にバトンタッチされています。

★来月4月は東京・浜松町での鉄道模型市もありますね。例年のごとく、これに合わせてナロー各社の新製品も発売されそうな予感…。その前に在庫のキットを片付けておいた方が良いかも。
それではまた来月!