軽便鉄模アンテナ雑記帳

軽便鉄模アンテナ管理人の雑記帳です。ナローゲージ鉄道模型の話題が主

2013年4月のまとめ

気がつけば4月も今日で最後。ゴールデンウィークを満喫されている方、ゴールデンウィーク中も働かれる方、皆さん色々ではないかと思います。ちなみにワタシは仕事が忙しくてゴールデンウィーク無しとなってしまいました(涙)
そんな個人的な泣きごとはさておき、月末恒例の「今月のまとめ」をお送りいたします。

今月のイベント

★4月29日(祝)に、毎年恒例の「鉄道模型市」が東京・浜松町で開催されました。詳しくは以下の記事(リンク集)をご覧下さい。

★4月2日より東京・新橋の旧新橋停車場 鉄道歴史展示室にて「情景作家 −昭和のミニチュア」展が開催。鉄道模型分野からも「摂津鉄道」の坂本衛氏やお馴染み諸星昭弘氏の作品が展示されています。

詳細については、RM名取編集長がブログにてレポートされています。会期は7月21日までとの事。

今月の気になる記事

「地方私鉄 1960年代の回想」さんで、「軽便のせまい線路」と題して、実物の例から模型における各社ナロー用線路比較、さらに市販品を小加工して実感的な線路を作った作例の記事がアップされています。今は亡き実物の軽便鉄道の線路のアップ写真もなかなか貴重。実感にこだわるレイアウト派の方には必見の記事かと思います。

今月のメディア

鉄道模型趣味 2013年 05月号 [雑誌]

鉄道模型趣味 2013年 05月号 [雑誌]

鉄道模型趣味(TMS)誌5月号には、鉄道青年さんのOナローモジュール「草軽電鉄東雲駅」が掲載。昨年のレイアウトコンペで入選した作品で、軽便鉄道模型祭でも展示されましたので、現物をご覧になった方も多い筈。実際の風景をバックにした写真も素晴らしく、これは必見です。

究極の現役ナローゲージ鉄道 (鉄道・秘蔵記録集シリーズ)

究極の現役ナローゲージ鉄道 (鉄道・秘蔵記録集シリーズ)

実物関連ですが、講談社から「究極の現役ナローゲージ鉄道」が発売。以前発売された「究極のナローゲージ鉄道」の続編とも言うべき本で、日本国内の現役ナローの記事を集めた一冊です。

今月の新製品

ワールド工芸からHOナローの西大寺鉄道コッペル5号機が発売されました。HOナローでコッペルは多数出ていますが、小型のホイルベースの短いタイプの製品化は割合少ないので、コッペルファンには喜ばれるかも。

★モデルワーゲンからはHOナローの「標茶の釧路製自走客車」が発売されましたが、ご予約完売だった様です。

ずくなし工作部さんが早速組み立てておられます。

さて、明日からは5月。ゴールデンウィーク後半戦に模型を楽しもうという方も多いことでしょう。皆様の製作記その他のアップを期待する次第であります。
それではまた来月!