軽便鉄模アンテナ雑記帳

軽便鉄模アンテナ管理人の雑記帳です。ナローゲージ鉄道模型の話題が主

トーマモデルワークスのOナロー雨宮(2)


★この三連休は好天に恵まれましたので、久々に塗装作業をする事にしました。
★というわけで取り出したのはトーマモデルワークスのOナロー雨宮。前回ブログにアップしたのはいつだったっけ?と思って調べてみたら、なんと1年半前でしたよ…
★何色にするか迷っていたのですが、青系統、それも比較的地味な色が似合うかなぁと思って選んだのは、国鉄電機や客車でおなじみの青15号。昔は「蒸機といえば黒!」と思っていたのですが、いつの間にか好みが変わって、軽便蒸機は黒には塗りたくなくなりました。
★下塗りはいさみやのカラープライマー、上塗りはラッカー系プラ塗料(クレオスMr.カラー/GM鉄道カラー/ガイアカラー)で、エアブラシによる吹き付けです。色はサイドタンクとキャブがGMカラーの青15号、キャブの内側がMr.カラーのタン、下回りの赤はGMカラーの西武レッド、床板上面の黒はガイアノーツの221番ジャーマングレー(ドゥンケルグラウ)、ボイラー周りはカラープライマーの黒の上からMr.カラーのミッドナイトブルーを吹き重ねました。このブログでも何度か書いていますが、黒い所を黒の塗料で塗ると、室内で観賞する模型だと暗すぎる(真っ黒になりすぎてしまう)のですよね。
★ここまで出来れば、後は最終組み立てと色入れで完成ですが、先行してこのキットを完成させている夢遊仙人大先輩のWebページを見ると、バルブギアの辺りの組立が難しそう…。

そもそもこの製品、どちらかと云えば簡略モデルなので、バルブギアの取付はあっさり省略する事にしたいと思います。旧乗工社のPU101に慣れ親しんだ身には、サイドロッドがあるだけで上等なのであります(笑)
(つづく)