軽便鉄模アンテナ雑記帳

軽便鉄模アンテナ管理人の雑記帳です。ナローゲージ鉄道模型の話題が主

2015年8月のまとめ

先日まで酷暑が続いていたのに、急に涼しくなりましたね。また8月ですが、気分はすっかり秋であります。
今日は8月31日、多くの小中学生の皆さんは夏休みの宿題をやっつけるのにヒーヒー言っている頃でしょうか。ワタシは社会人なので宿題なんてないから余裕…と思っていたのですが、JAM出展で4日間遊んでいたので、仕事や家事が山のように溜まってヒーヒー言っているのでありますよ。
という訳で、月末恒例「今月のまとめ」をお送りいたします。

今月のイベント

★毎年恒例の国際鉄道模型コンベンション(JAMコンベンション)が8月21〜23日に東京ビックサイトにて開催されました。

昨年までは日本鉄道模型の会に代わり、今年からは井門コーポレーションが主催者となった訳ですが、会場スタッフにボランティアやバイトを使わずに同社の社員を投入した事もあってか、格段にしっかりとした運営となり、出展者や観客からは概ね好評だった様です。
詳しくは以下のレポートリンク集をご覧ください。

★ナロー系とはあまり関係ないですが、鉄道模型コンテスト2015が8月8〜9日に東京ビックサイトで開催されました。

高校生製作のNゲージモジュールレイアウトのコンテストが主体のイベントですが、今回はその審査結果についてネット上(主にSNS上)でちょっとした騒ぎとなりました。詳細は以下の記事をご参照ください。

今月のメディア

杉山模型よりオールカラー写真集「杉山模型 オモシロミニワールド」が発行。JAMコンベンションにて発売開始となりました。

杉山模型が今までに発売した製品を集めた写真集。編集と製作はエリエイで、熱心な杉山ファンである同社の南口氏が担当。これは杉山製品の好きなファンには必携の一冊であります。
オールカラー38ページで2000円。自費出版為書店流通はなしで、当面杉山模型による直接販売のみとの事。
レイルロードより「私が見た特殊狭軌鉄道」4巻が発売

今回は井笠、下津井、日鉱佐賀関などが掲載。この4巻でシリーズ完結との事。B5版88ページで税別2200円です。

★ネコパブリッシングからは「改訂新版:情熱が生んだ鉄道模型 エコーモデル・その世界2 車輌模型編」が発売。5年前に出た本の改訂新版で、エコーモデルの車輌パーツのカタログも兼ねています。
鉄道模型趣味 2015年 09 月号 [雑誌]

鉄道模型趣味 2015年 09 月号 [雑誌]

鉄道模型趣味(TMS)誌2015年9月号では、TMSレイアウトコンペのグラフ欄に、KBMCの服部さんの入選作レイアウトの写真が1枚掲載。記事発表が期待されます。そしていのうえこーいち氏の連載「模型のためのエッセンス」は「「軽便」マレー機の構造」と題して、ナローのマレー機関車の写真とNゲージ機関車下回り利用のナロー9mmマレー機関車の紹介が掲載。とれいん誌2015年9月号のSKTさんの連載「蕗狩通信」はHOナローの「ストーヴァー・エンジン牽引車とマイクロサークル運転盤のつくりかた」が掲載されています。

今月の新製品


ペアーハンズよりHOナローの「小型列車用DLキット」と「小型単端キット」が発売。いずれもトミーテックはこてつ動力を使うキットです(税別3000円)

また、同店からはHOナロー用3Dプリンタ出力のティンバートレッスルキットも発売になっています(税別3800円)

アルモデルからは「でんちせんろ」なる新製品が発売。以前発売された「スマホせんろ」の姉妹品で、ボタン電池がエンドレス内側のレールを兼ねるというもの。くるくる回る車輌を見ていると目が回ること請け合いです。

★モデルスIMONからはHOナローの井笠ホハ2キットが発売。かつての乗工社製品の再生産の様です。

★モデルワーゲンからはHOナローの頸城ホジ3キットが発売。今までに各社で何回も製品化されてきたプロトタイプですが、ワーゲン流のロスト多用のキットとなっています。

★さて、明日からは9月。10月初旬の軽便祭に向けて追い込みを掛ける方も多いと思います。進捗状況についてブログ等で発表して頂ければ幸いであります。
それではまた来月!