軽便鉄模アンテナ雑記帳

軽便鉄模アンテナ管理人の雑記帳です。ナローゲージ鉄道模型の話題が主

2016年6月のまとめ

6月も今日で終わり。梅雨でカラダが湿気ってないでしょうか? ジメジメムシムシするせいか、体調を崩されている方も多いようですね。
というわけで、月末恒例の「今月のまとめ」をお送りします。

今月の話題

★6/25・26に京都で開催された第8回京都レールエキスポにて、トーマモデルワークスがHOナロー木製運材台車の「プラモデル」の試作品を展示しました。


「プラモデル」と謳っていることと、パーツ構成からすると、そのままでは走らせる事が出来ないようですが、別途金属車輪を調達して交換することにより鉄道模型として走行対応したものに出来るように思われます。ともあれ、林鉄ファン、それもレイアウトで長編成を走らせようとするファンには嬉しいニュースでしょう。

今月の新製品

★コスミックRMよりHOナロー9mmの「電動転車台組立キット」が発売になりました。

既に先月の模型各誌にて製品紹介が掲載されていますが、電動による小型のターンテーブルのキットで、直径は60mm。この製品は「狭鉄倶楽部」と称しており、コスミックRMでは今後ナロー関連の製品を発売していくようです。
★ナローガレージよりSEA LION工房のHOナロー沖の山森林鉄道の協三特殊軽量機関車キットが発売になりました。

いつも通りのエッチングキットですが、今回はエッチングギア(!)を使った動力付きキットとの事です。

今月のメディア

賛歌 千頭森林鉄道

賛歌 千頭森林鉄道

文芸社より「賛歌千頭森林鉄道」が発売。かつて大井川鉄道千頭から伸びていた千頭森林鉄道に関する単行本です。
千頭森林鉄道は今までまとまった記事がほとんど存在しなかっただけに、林鉄ファンは要チェックかも。

RM MODELS (アールエムモデルズ) 2016年 08月号 Vol.252

RM MODELS (アールエムモデルズ) 2016年 08月号 Vol.252

★RM MODELS誌2016年8月号の特集は「より身近になった3Dプリント・モデリング」。3Dプリントで車体・台車を作成したHOナローの越後交通栃尾線モハ205や、ノーブルジョーカー/DMCの石井さんの3DプリントによるOスケール自転車等が採り上げられています。
「昭和模型工作室」ではノーブルジョーカーの運転会のレポート。13mmのレイアウトがメインですが、軽便祭にも展示されたDMCのOナローモジュールも紹介されています。

鉄道模型趣味 2016年 07 月号 [雑誌]

鉄道模型趣味 2016年 07 月号 [雑誌]

鉄道模型趣味(TMS)誌2016年7月号の小林信夫氏の連載「フリーランス雑感」は、前号に引き続きお城とナローのトロッコを絡めたジオラマの製作記。今号ではそのジオラマに置くナローの観光電車(ダージリン風!)も登場しています。

さて、明日からは7月。まだしばらく梅雨が続きますが、お体にお気をつけて。
それではまた来月!