軽便鉄模アンテナ雑記帳

軽便鉄模アンテナ管理人の雑記帳です。ナローゲージ鉄道模型の話題が主

2016年12月のまとめ

今日は12月最後の日。そして驚くべき事に2016年も今日で終わりなのでありますよ。また大掃除も途中なのに困ったものです。
というワケで、大掃除をテキトーに切り上げ、年越しそばの準備をする前に月末恒例「今月のまとめ」をお送りいたします。

今月の話題

レイルマガジン名取編集長のブログ「編集長敬白」ですが、名取さんが12月末をもってネコ・パブリッシングを定年退職されるとの事で、12月
27日のエントリーをもって終了となりました。

ナロー関連でも興味深い記事が多かっただけに、終わりになってしまうのは非常に残念であります。ともあれ長い間お疲れ様でした。
★先月末にトミーテックより「鉄道コレクションナローゲージ80 富井電鉄猫屋線」が発売になりましたが、さっそく多くの方が買い求められ、色々と楽しんでおられます。これを機会にナローに入門された方もいれば、切り継ぎ改造や動力自作にチャレンジされる方まで様々。詳しくは以下のリンク集をご覧ください。

今月のイベント

★12月24、25日の両日、大宮ソニックシティにて「さいたま鉄道模型フェスタ2016Winter」が開催されました。
すっかり恒例となったこのイベント、以前はまったりとした雰囲気が特徴でしたが、今年はお客さんもかなり多く、混雑していた模様。
詳しくは以下のリンク集をご覧ください。

今月の新製品

アルモデルより「猫屋線キハ1・ホハフ50改造パーツセット」が発売。トミーテック猫屋線の改造用パーツを集めたエッチング板です。

トーマモデルワークスからはHOナロー9mm「魚梁瀬谷村鉄工所タイプGL車体キット」が発売。またこれに使用する動力ユニット「トーマパワーEX-01」も同時に発売になっています。

ペアーハンズからはOナロー9mmの「軍用トロッコ」「軍用ボギーフラット荷台」が発売(いずれもキット)。鉄道連隊辺りのイメージのトロッコ(実物は600mmゲージですが)です。

モデルワーゲンからはHOナロー9mm「頸城のDB81」キットが発売。今回はギアフレーム組立調整済の「スーパートータルキット」が設定された(予約分のみ)のが新しい試み。動力の組立調整を楽しむ方もいる一方、それがネックになっている方も多いという事でしょう。

頸城鉄道DB81はワールド工芸もHOナロー9mm製品化しており、最近リニューアルされていますが、今月に入って再生産。モデルワーゲンと競作となりました。

杉山模型からはさいたま鉄道模型フェスタに合わせてHOナロー18tクライマックス完成品が発売されましたが、数が少なかった為かあっと言う間に売り切れた模様。

★この他にトーマモデルワークスの木曽C客プラキットもさいたま鉄道模型フェスタで先行販売。正式発売は1月からとの事。またナローガレージの新型動力装置も発売されたとの事ですが、同社Webページではまだ情報が上がっていません。

さて、もう間もなく2017年。今年2016年は猫屋線発売が大きなニュースでしたが、来年の軽便鉄模界はどの様になるのでしょうか? 猫屋線をキッカケにナローを始めた方の作品がいろいろ拝見できるかなぁと楽しみにしております。
それでは良いお年を!