軽便鉄模アンテナ雑記帳

軽便鉄模アンテナ管理人(うかい)の雑記帳です。ナローゲージ鉄道模型の話題が主

第20回国際鉄道模型コンベンション(JAM2019)事前情報

※当日まで随時更新予定
ツイッターの方もご覧ください→https://twitter.com/ke_ukai

今年もまたJAM(国際鉄道模型コンベンション)の季節がやってきました。

  • 会場: 東京国際展示場(ビックサイト)西1ホール
  • 会期: 2019年8月16日(金)〜2016年8月18日(日)
  • 開場時間:10:00〜18:00(最終日18日のみ10:00〜17:00)
  • 入場料:一日券:一般1200円、女性・70歳以上・中高校生1000円、小学生以下無料/三日間通し券:一般3000円
  • 主催者:国際鉄道模型コンベンション実行委員会(株式会社井門コーポレーション内)
  • 主催者公式Webページ – JAM CONVENTION – 国際鉄道模型コンベンションOFFICAL WEBSITE(国際鉄道模型コンベンション実行委員会)

会場

★今年もビックサイトですが、昨年までの東館ではなく、西館の西1ホールです。ご注意を。

★会場配置図はすでに公式Webページにアップされています。あらかじめ印刷して、お目当ての出展者に印を付けておくと当日迷わず効率的に回れると思います。

上記の公式Webページの配置図(当日会場で配られるパンフにも掲載)ですが、表が50音順でソートされている為、案外見にくいのです。
そこで、ブース番号順にソートし直したものを作成しましたので、よろしければお使い下さい。

業者出展は、例年同様に「企業出展」と「レールマーケット」の2通りがあり、後者のレールマーケットの方は、パンフレット/配置図に名前が掲載されません。出展者側で「レールマーケットで出展」とWebページやSNSで告知している場合が大半ですが(中には書いていない例もあり…)、配置図にお目当てのショップ/メーカーが無いと慌てない様にお気をつけ下さい。

入場料など

★入場料は一般1200円ですが、コンビニ、もしくはモデルスIMON各店や鉄道模型専門店で前売券を買うと1000円になります。また、今年から三日間通し券一般3000円/前売2700円が追加になっています。
購入方法は主催者ページに記載されています。開催前日15日(木)までですので、お早目に!

ナロー関連モデラー出展

★今年もナローゲージジャンクション(NGJ)で出展。場所はB16(レールマーケット向い)となります。
今年の車輌展示テーマは

ナローゲージプラ車輛の歴史(コレクション)」

トミーテック猫屋線の登場やKATOの英国型ナロー発売予告でお手軽なプラ完成品について注目が高まっていますが、ナロープラ完成品についてエガーバーンやロコ、津川やバックマンから、現代の猫屋線に至るまでをたどる展示。

Nゲージ下回りの利用(作品)」

Nゲージの下回りを利用したナロー作品を展示。

ナローの実物も走る!

成田ゆめ牧場で活動するおなじみ羅須地人鉄道協会は、昨年同様模型ではなく1/1を展示走行。今年はマフポッター号を持ち込むとの事。
会場内に線路を仮設し、16日金曜日は展示のみ、17日土曜日・18日日曜日に運転するそうです。


ナロー関連業者出展

アルモデル、ペアーハンズ、ワールド工芸トミーテックは業者出展。
城東電軌、杉山模型、トーマモデルワークス、銘わぁくす、IORI工房、南洋物産、模型の丸屋、ナローガレージなどがレールマーケット出展を表明しています。
ツイッターの方にも順次情報を流していますので、そちらをご覧ください→https://twitter.com/ke_ukai

関連する記事(個人的レポート)