軽便鉄模アンテナ雑記帳

軽便鉄模アンテナ管理人の雑記帳です。ナローゲージ鉄道模型の話題が主

第6回鉄道模型市

★本日浜松町で開催された第6回鉄道模型市(主催:さかつう/トラムウェイ/新額堂)のレポートです。

私的レポート


▲トーマモデルワークスのブース。Nナロー関連のキット、パーツが勢ぞろい。

▲トーマモデルワークスのNナロー新製品。良く走ります。

▲銀座軽便倶楽部のブース。特製完成品がいろいろ。

▲アルモデルの新パーツ「ロッドセット」(WB24.5とWB26用)の使用例。パワトラに取り付けてアウトサイドフレームのロッド式が作れるというパーツ。模型市より発売開始(800円)

▲アルモデルの新製品「2軸市電」(16番)の試作品が展示。予価6400円で5月末発売予定。

▲アルモデルブースの様子。拡大画像はこちら。ロッドセット等気になる方は拡大画像をご覧下さい
南筑2軸客車は初回生産分は売り切れたものの、直ぐに追加生産をするとの事。

▲ナローガレージブースにて販売のモーガンヒルモデルOn30貨車キット。

杉山模型のブースで売られていたナロー9ミリ用動力装置(組立済5000円)。以前から発売されているHOゲージ(16.5mmゲージ)用のWB22mm、車輪径8.5mmの動力装置(元を辿ればマック凸型DLに使われていたもの)の9ミリゲージバージョン。杉山さんによると要望が多かったのでリリースしたとの事でした。凸電を作るのに使えそうです。ちなみ新製品の7トンDLはあっという間に売れてしまった模様。
その他に気になった事ほか・・・。
★新額堂ブースで1/87初代シビックのミニカー売っていましたね。アメリカ製品らしく左ハンドルに5マイルバンパーの対米輸出仕様でしたが、買った人いるかな?
ワールド工芸ブースではジャンクコーナーでワタシも買ったOナロー加藤4トンDL(ゆめ牧場仕様)の完成品が1万6000円だかで売られていました。見たところちょっと傷があるだけ(少なくともワタシが組んだものよりマシかも・・・)。キットよりも値段が安いとはなぁ。うーん。
★杉山さんがイベントの度毎に売っているHOナロー用のアーチバー台車。あれは結構貴重なパーツですよ。日本型軽便の客車を作ったとして、ちゃんとしたアーチバーで現在入手可能なのはこれしか無い筈(あとはモデルワーゲンにパーツ分売を頼む位しか・・・)。