軽便鉄模アンテナ雑記帳

軽便鉄模アンテナ管理人の雑記帳です。ナローゲージ鉄道模型の話題が主

2015年10月のまとめ

軽便祭が終わり、鉄模連ショウが終わり、クールビズも今日で終わり。だんだん寒くなってきましたが皆さんいかがお過ごしでしょうか?
10月も今日で終わりと言う事で、月末恒例「今月のまとめ」をお送りします。

今月のイベント

★毎年恒例の軽便鉄道模型祭(軽便祭)が10月4日に東京人形町の綿商会館で開催。今年も盛況でありました。

詳しくは以下のリンク集をご覧ください。

★10月24、25日には、東京蒲田で日本鉄道模型ショウ(鉄模連ショウ)が開催。ナロー関連メーカーもいくつか出店。詳しくは以下のリンク集をご覧ください。

今月の新製品

軽便祭や鉄模連ショウに合わせて、ナロー関連メーカーから多数新製品が発売されました。
杉山模型は鉄模連ショウにあわせてHOナロー「バルカン2トンGL」(完成品)を発売。既存パーツの組み合わせでの製品ではなく、主要パーツを新たに作成しての製品。初回ロットは数が少なかった為にあっという間に完売してしまった様です。

アルモデルは「軽便ボギー客車B1・B2・B3」キットを発売。特定のプロトタイプはありませんが、どこにでもいたようなスタイルの客車で、普通車、合造車、展望車の三種類。付属するオマケパーツで色々に作り分けられるというのがミソ。客車版バリキットといいましょうか?

トーマモデルワークスからはHOナロー中国塩田風箱型DL車体を発売。3Dプリントによる製品で、同社製コロコロ動力か、トミーテックはこてつ動力にかぶせる車体です。

ナローガレージからは軽便祭記念製品としてHOナロー「歌登町営軌道 超小型自走客車」キットが発売。トミーテック発売のNゲージはこてつ動力を利用するレジン車体キットです。

★ナローガレージはシーライオン工房のHOナロー6.5mm用「汎用シャシーキット」も発売しています。

モデルワーゲンからはHOナロー「協三製特殊軽量機関車」キットが発売。ロスト主体のボディにKATOポートラム動力ユニットを組み合わせるものです。

★軽便祭ではその他にも各種新製品が発売されておりますが、上記以外の製品については以下のリンク集をご覧ください

今月のメディア

RM MODELS (アールエムモデルス) 2015年 12月号 Vol.244

RM MODELS (アールエムモデルス) 2015年 12月号 Vol.244

★RM MODELS誌2015年12月号では、軽便鉄道模型祭の模様がレポートされています。

とれいん 2015年 11 月号 [雑誌]

とれいん 2015年 11 月号 [雑誌]

★とれいん誌2015年11月号でも、軽便鉄道模型祭のメーカー出展の模様がレポートされています。

鉄道模型趣味 2015年 11 月号 [雑誌]

鉄道模型趣味 2015年 11 月号 [雑誌]

鉄道模型趣味(TMS)誌2015年11月号では、ナロー9ミリレイアウト「晩夏の軽便鉄道 山間部線」が掲載。655×360mmのエンドレス一つのレイアウトですが、高低差のある地形で小サイズとは思えない雄大さを感じる風景になっています。レイアウト関連ではこの他にGゲージ庭園鉄道「夢公園鉄道」の製作記も掲載されています。
いのうえ・こーいち氏の連載「模型のためのエッセンス」の今回のお題は「アウトサイドフレームの小型機」。実物では成田ゆめ牧場で活躍する羅須地人鉄道協会の11号機「マフポッター」を、模型は杉山模型のHOナローアウトサイドフレーム機関車と、そのパーツを使って自作した東洋活性白土1号機を紹介しています。

さて、明日からは11月。そういえば仙台のコンさん他数名が、イギリスの軽便鉄模イベントの視察に向かった模様。来月はその土産話もネット上で拝見する事が出来る事でしょう。
それではまた来月!