軽便鉄模アンテナ雑記帳

軽便鉄模アンテナ管理人の雑記帳です。ナローゲージ鉄道模型の話題が主

TT9=オリンパスペンF

★先日、ものぐさ太郎さんがTT9について書かれていたので、いろいろ思った事を書き留めておきます。話があっちこっち飛ぶけどご容赦を。
TT9どこが悪い | 俗世界の車窓から
★Nゲージ(の量産品)に較べてTT9は非常に高価であるけれど、16番や1/87・12mm(HOj/HO1067)のブラスモデルと比較すれば、ことさらに高いという訳でもなく、普通か少々安い位の価格です。完成品で20万円コースですが*1、キットだと蒸機で10万弱、客車で2万弱位で、まあそんなもんでないの?と思いますよ。高いけど
★1/87・12ミリが「正しいHO」*2を目指しているのに対し、TT9は「小さな16番」*3を目指しているのでは? こう書いても意味が分からない人も多いでしょうが、tt-9プロジェクトのWebページのトップにある写真を見て下さい。
http://home.t09.itscom.net/tt-9/
TT9のC62の後ろにあるカメラをご存知の方も多い筈。ハーフサイズの一眼レフカメラオリンパス・ペンFTです。これがニコンFでもキヤノンF−1でも、あるいはリコーオートハーフでも無いところがミソです。つまり、TT9が目指しているのは「小さな本格高級品」なのでしょう。
★TT9はNゲージの線路を利用しているけれども、それはHOナローの製品がNゲージと同じ9ミリなのと同様の事であって*4、Nゲージとはまったく性格を異にするものでしょう。また、ファインスケール云々とは言っているけれど、結果的にそうなったというか、市販のNゲージの線路を使えるようにファインスケールである事を利用したのでは?と思うのですよね。
★「それだったらNゲージでブラスで作れば良いじゃん!」という意見もあるかと思いますが、やっぱり「Nゲージと一緒にされたくないわい」みたいな本音もあるかもしれないですし、Nゲージの高級品というのがなかなか根付かないのも実状かも*5。10年以上前にモデルワーゲンも「ワーゲンミニ」と銘打ってNゲージのブラスキット(確か9200とかだったような)を予告しましたが、結局実現しませんでした。
★あと、普及云々の話も、16番やNゲージのような大衆ゲージと、12ミリやTT9のようなマニア向けゲージでは違うような気がします。多くの人達に鉄道模型を楽しんでもらうべく生まれた大衆ゲージは普及が目的?でしょうけど、そういう大衆ゲージに飽き足りない人向けのゲージは、別に普及しなくても誰も困らないのでは? おそらく50人ぐらい固定ファンがいれば、業界的にも回っていくような気がします。最近良く言う「エコシステム」ってやつね。
tt-9プロジェクトの製品はOナローでお馴染みのオレンジカンパニーが手掛けていますが、お手軽系Oナローが出る以前の高級?Oナローの場合、固定客50人、フリの客50人で生産数100台という世界だったと、事情通の人から話を聞いた事があります。
(つづく…かも)

*1:TT9の場合、完成品はいわゆる「特製品」ですからね

*2:「正しい」から何かメリットがあるのかというと、ワタシにはよくわかりません。12ミリをやっている方に聞いてね。

*3:ここで言っている「16番」とは、カトーやトミックスや天プラではなくて、昔の日本製ブラスモデルの事であります。

*4:ナローの場合は専用線路も出ていますがね。でもレイアウトを持っていない人は、乗工社やIMONの高級コッペルをユニトラックやファイントラックで走らせていると思いますです。そういうコト。

*5:トミックスの「HG」がややそれに近いかも。プラ量産品ですが