軽便鉄模アンテナ雑記帳

軽便鉄模アンテナ管理人の雑記帳です。ナローゲージ鉄道模型の話題が主

2009年5月のまとめ

5月も今日までで明日からは6月、そろそろ梅雨ですね〜。やる気の無さを「五月病ですから」といって誤魔化せるのも今日までですね(笑)。
そんな話はともかく、月末恒例の「今月のまとめ」をお送りいたします。

今月のイベント

★5月10日に東京・浜松町で「第6回鉄道模型市」が開催されました。詳しくは以下をご覧下さい。

★5月16・17日には第48回静岡ホビーショーが開催。もともとプラモやラジコンがメインのショーでしたが、近年はNゲージ系の鉄道模型メーカーも出展していたり、日程を合わせて「グランシップトレインフェスタ」も開催されており、鉄道模型ファンにもお馴染みのイベントになっていますね。

ナローファンの皆さんの興味を引きそうな品をネット上から情報を拾ってご紹介しましたが、ちゃんとしたレポートは現在静岡に赴任中のskt48さんがされておられますので、そちらをご覧下さい。

ワタシはトミーテックのカーコレ80の新製品のスバルサンバーやマツダT600とキャラメルNのボンゴレールカーに興味しんしんでしたが、一般的にはトミックスのNゲージC57と、トミーテック鉄コレの富山ライトレールLRV*1が話題になったようですね。

今月の新製品

★先月のまとめでもご紹介しましたが、5月10日の鉄道模型市で杉山模型の7トンDL、アルモデルの南筑2軸客車、トーマモデルワークスの2軸気動車などが発売となりました。
杉山模型7トンDLの写真は、穴熊さんのブログでご覧下さい。

ナガウラさんはさっそくこの7トンDLの改造工事に着手されていますね。

アルモデル南筑2軸客車は初回ロットが鉄道模型市で即完売しましたが、直ぐに再生産されたそうでご安心を。アルモデルといえば、パワートラックに付けて使うロッドセット(WB24.5とWB26の2種類)が新発売となり、これが意外に人気のパーツとなっているようです。

尚、杉山模型、アルモデル、トーマモデルワークスの三者共に7月に開催されるJNMAフェスティバルにも出店するそうです。
ワールド工芸花巻デハ3(鋼製)、デハ5(木造)、サハ3を新発売。26日過ぎに出荷されたようです。ちなみにデハ3とデハ5はワールド工芸で以前に発売された事がありますが、今回の品は完全リニューアル、サハ3はまったくの新製品です。

モデルワーゲンのサイトには、月末ギリギリに次の新製品「酒井製3.5tGL」の組立講座が掲載されましたが、発売は来月になるようですね。

エムズコレクション(最近サイトが移転しました)の1/80ストラクチャーキットですが、メーカーサイトによると既発売の製品の一部が窓枠をレーザーカットに改良されているそうです。

今月の雑誌、書籍

★機芸出版社より「DCCマニュアル2009」が発売。TMS誌に「DCC雑記帳」を連載された根津達也氏の著書で、DCCを導入されている方、これから導入しようとお考えの方には必携の一冊でしょう。

ちなみに以下の記事は、今月の本雑記帳のアクセス数ナンバー1のページだったのでした。

★ネコ・パブリッシングからは「トワイライトゾ〜ンマニュアル16」が発売。湯口徹氏による「内燃動車発達史・日本の蒸気動車 追記」が掲載されています。「内燃動車発達史」(上・下)及びRMライブラリー「日本の蒸気動車」発行後に新たに判った事実をまとめた記事で、前掲書をお持ちの方は目を通されて見ることをオススメします。以前この雑記帳でもご紹介したヤフオクに出ていた井笠ジ1の鮮明な写真の絵葉書も収録されています。
ちなみに表紙は草むらに放置された錆び付いた加藤DLの写真ですが、本文とはまったく関係ありません(笑)

トワイライトゾーン MANUAL16 (NEKO MOOK 1257 RM POCKET 34)

トワイライトゾーン MANUAL16 (NEKO MOOK 1257 RM POCKET 34)

★雑誌関連では「鉄道模型趣味」(TMS)誌ではまとんさんのOナローレイアウトの記事が掲載。くわしくは以下の記事をご覧下さい。

鉄道模型趣味 2009年 06月号 [雑誌]

鉄道模型趣味 2009年 06月号 [雑誌]

とれいん誌では「私を趣味人にした模型」という特集で、ナロー関連の趣味人やメーカーの方も何人か登場されておられます。杉山模型の杉山さんも登場されて、自社ブランド第1号のグースについて語っておられます。
とれいん 2009年 06月号 [雑誌]

とれいん 2009年 06月号 [雑誌]

今月の話題

モデルワーゲンが製品価格を「変動価格制」へ移行する旨を発表しました。

「3か月に1回を目途に適正価格の見直しをさせて頂き、原材料と加工賃金などの変移に合わせて変えさせて頂くという方法」との事で、今回の見直しでは値下げになっています。欲しい物がある方はチャンスかも。

今月の作品

★オノデラさんの流線型蒸機が阪急マルーンに塗られて完成。16番やNゲージの模型でお馴染みのC53流線型やC55流線型をナローにしたような形ですが、良いですね〜。

★ウエハラさんの沼尻キハ2401(仙北キハ2401)はプラ板による上回り+NゲージEF65(KATO)利用の下回りによる自作車輌ですが、自作ならではの良さを魅せる一品に仕上がっています。腕の立つ人が作るスクラッチ作品は、時として製品を超えるという事を実感する一品です。

★それではまた来月!

*1:富山ライトレールの車輌は、K…(今はまだ語るべき時ではない)