軽便鉄模アンテナ雑記帳

軽便鉄模アンテナ管理人の雑記帳です。ナローゲージ鉄道模型の話題が主

鉱石運搬車


アルモデルの鉱石運搬車の組立塗装が完了しました。
実はこのキット、ハンダ付けも接着材も不要、爪の折り曲げとねじ止めだけで組み立て出来るのです。今回の組み立てでは瞬間接着剤の一滴も使わず組み立ててみましたが、強度的にも何ら問題はありませんでした。下まわりはグリーンマックスの旧型気動車台車かブリル台車が指定されていますが、台車のアーノルトカプラを生かす事を考えなければそれ以外の台車でも使えます。
このプロトタイプ、グラントラインからOナローのプラキットとして発売されているのでおなじみですが、実はグラントラインはHOナロー版も出していたのです(今は売られているのかしら?)。但しグラント製品は下まわりがプラ製車輪に内側台枠で、転がりが非常に悪いという難点がありました。アルモデル製品の方がNゲージ台車そのままで転がりは抜群ですし、金属キットだけどプラキットより簡単に組み立てられると思います。
ちなみに色はGM鉄道カラーの西武ラズベリー。缶スプレーを使いましたが、内側の方がなかなか霧が届かず塗り残し易いので、そのような箇所はあらかじめ筆塗りしてから缶スプレーを吹きました。良く考えたら、内側なんて鉱石を載せてしまえば見えないんですけどね(笑)

乗工社の加藤型DLと編成を組んでみたところ。