軽便鉄模アンテナ雑記帳

軽便鉄模アンテナ管理人の雑記帳です。ナローゲージ鉄道模型の話題が主

旧車のサビ落とし(カーコレ80HG マツダT600)


トミーテックカーコレクション80HGマツダT600が発売されましたが、ナロー鉄模界では話題になっていないですね。
マツダT600は昨年出たカーコレ80通常版の第6弾に入っていましたが、その時はブラインドボックス。今回はオープンパッケージ単品売りなので確実にゲット出来て有難い筈ですが、みなさん箱買い&開封売り&ヤフオク&秘密のサーチ方法でT600をゲットされているのかもしれません。中にはこんな失敗をした人もいましたけどね…

▲ボンゴとキャラバンの山を前に途方に暮れるの図
ふと思ったのですが、今回のHG版はサビサビ塗装になっていて、それが嫌われて皆さん買ってないのかも。ワタシは買ってきましたがどうもこのサビサビ塗装、大袈裟過ぎるというか不自然というか…
そこで実車をレストアするが如くサビ落としに挑戦。綿棒(一般的な物と模型用として市販されている先の細い物を併用)にうすめ液を付けて、サビ(の塗装)をこすり取りました。使った薄め液はエナメル系プラ塗料用(タミヤカラーエナメル用)とラッカー系プラ塗料用(GSIクレオスMrカラー用)。エナメル用だと少しずつしか落ちない代わりに下地塗装も落ちにくいので良いかなと思ったのですが、透明プラの窓ガラスにヒビが入るトラブルが発生。Mr.カラー薄め液を先細の綿棒に付けて、サビ部分だけピンポイント的に拭っていく方が良いかもしれません。いずれにしても完全に落とすのは無理ですが、軽く錆びた程良い状態…という感じにはなります。
下地が出てしまった部分やサビ塗装を取りきれなかった部分はアクリルガッシュを調色してタッチアップ。アクリルガッシュは絵の具よろしく(っていうか絵の具ですが)パレットの上で筆先でチョチョイと調色できるので楽チンです。最後にタミヤウェザリングマスターやパステルで軽くお化粧して完了。

ご覧のように、程良くに使い込まれた位の状態になりました。