軽便鉄模アンテナ雑記帳

軽便鉄模アンテナ管理人の雑記帳です。ナローゲージ鉄道模型の話題が主

2011年1月のまとめ

寒い日々が続いていますが、皆さん如何お過ごしでしょうか。先日お正月だったばかりだというのに明日はもう2月。2011年も既に12分の1が終わってしまったのです。
という訳で2011年1月のまとめをしてみたいと思います。

今月の新製品

トーマモデルワークスから、HOナロー「コッペル4tボトムタンク」完成品が発売になりました。

初回ロットは既に売り切れですが、現在次回ロットの予約受付中との事。また完成品だけでなくキットの発売も予告されています。

モデルワーゲンからはHOナロー「井笠のジ5」が発売となりました。

実車日本車輌製の単端式気動車で、同型のものが各地に納入されているのはご存じの通り。日車単端はHOナローでは過去にモデル8やワールド工芸で製品化されていますが、モデルワーゲンは同社井笠シリーズの一員としてラインナップに加わりました。予約完売の多い同社製品ですが、本日現在まだ在庫があるようです。
発売になったばかりなのに、既にに複数の方の組立リポートがネット上にアップされています。皆さん手が早いですね。

参考までに、モデル8の日車単端は以下の記事で紹介されています。

さかつうギャラリーより1/87スケールのプラ製瓦屋根セットが発売となりました。

古くより発売されているエコーの1/80プラ製瓦屋根セットについにライバル出現…といったところでしょうか? 実際に使ってみた方のレポートをお待ちしております。

今月の話題

ワールド工芸がNナロー(1/150 6.5mm)の「頚城ホジ3」の発売を予告しました。

ロクハンZゲージ線路が発売された事もあり、今年はHO/Nの6.5mmナロー製品が拡充しそうな様子であります。

今月のメディア

★RM MODELS 3月号で軽便モジュール倶楽部の「下北南部電鉄」モジュールの記事が掲載されました。詳しくは以下の記事をご覧下さい。

RM MODELS (アールエムモデルス) 2011年 03月号 Vol.187

RM MODELS (アールエムモデルス) 2011年 03月号 Vol.187

余談ですが、昨年11月にRMモデルスの版元のネコ・パブリッシングの創業者であり長年社長を務めていた笹本健次氏が退任されたとの事。

今月の気になる記事

雀坊さんがブログ(お馴染み雀鉄blogとは別のブログ)で書かれていたコレクションとオークションについての話が面白く、また考えさせられる内容でありました。

ヤフーオークションでナローの絶版製品を入手されている方も多いと思いますが、思わず苦笑いする方もいるのでは?
★さて、来月からは2月。風邪やインフルエンザが流行っていますのでお体にお気を付け下さい。模型作りで夜更かしするのもホドホドに…
それではまた来月!