軽便鉄模アンテナ雑記帳

軽便鉄模アンテナ管理人の雑記帳です。ナローゲージ鉄道模型の話題が主

軽便鉄模アンケート2017・分析編(その3・お気に入りの製品)

軽便鉄模アンケート2017分析編の3回目は「お気に入りの品」についてです。

Q4:ここ1年以内に購入したナローのキット/完成品で、お気に入りの品を3つお答え下さい。

トミーテック 1/80ナロー9mm 鉄道コレクションナローゲージ80 猫屋線 28
軽便鉄道模型祭記念製品 HOナロー9mm 千頭/三塩の酒井3.5t内燃機 車体エッチング板 12
- - なし 11
トーマモデルワークス Oナロー16.5mm コッペル4トンBタンク 5
トーマモデルワークス HOナロー9mm ポーターサドルタンク 5
アルモデル HOナロー9mm 協三Bタンク 4
トーマモデルワークス HOナロー9mm 木曽C型客車 鉄道プラモデル 3
城東電軌 HOナロー9mm 加藤10屯坑内用機関車 3

トミーテック猫屋線はここ1年余りの間に第1弾から第3弾まで発売されておりますが、「猫屋」と一言だけ書いてある方もいれば「猫屋線1〜3」と書かれている方、「猫屋線第3弾」と具体的に書かれている方と様々である為、第1弾〜3弾についてまとめて1つとして集計しました。
やはり1位は猫屋線、新しく猫屋線でナローに入門された方もいれば、既存のナローゲージャーでも結構買っている人がいるからでしょう。しかし猫屋線、ナローゲージャーでも興味のない人はまったく興味がないのが面白いところです。
2位が2017年軽便祭記念品の酒井3.5tエッチング。軽便祭で開場後直ぐに売り切れる人気っぷりだっただけに、この結果には納得できます。林鉄向けの機関車というところも人気の一因かも。
3位が「なし」。前回は2位でしたが今回は3位にランクダウン。猫屋線と酒井エッチング板にやられた?のでしょうか。いずれにしても買いたくなる様な品がない、買う気になれないという事でしょう。ナロー関連各社も引き続きナロー鉄模でメシを喰っていくつもりであれば、既存のファン以外の層を取り込む努力が必要なのではないでしょうか?
4位、5位、7位にトーマモデルワークスの製品が入っています。7位の木曽C客は発売から時間が経っており「1年以内」の条件に合致しないと思って書かなかった方も多いかと思われ(実際には2017年1月発売なのでギリギリ入るのですが)、アンケート実施時期が半年前であったなら、もっと上位になっていたかもしれません。
6位のアルモデルの協三は思った程伸びなかった気がしますが、プロトタイプとして協三はそれほど人気がないのかも。あるいは同じ協三でも一回り小さい東洋活性白土の2号機だったら違ったのかもしれません。
製品ではなく、メーカー・ブランド単位で集計すると、以下の通りです。

トミーテック 28
トーマモデルワークス 22
軽便鉄道模型祭記念製品 13
アルモデル 12
ミニトレインズ 6
杉山模型 4
バックマン 3
城東電軌 3
モデルワーゲン 2
ワールド工芸 2
ペアーハンズ 2

こうしてみるとトーマモデルワークスが強いですね。Oナロー、HOナロー、さらにはNナローと各スケールで製品をリリースしていること、細密過ぎない事(車輌工作派にはディテールアップの余地があり、レイアウト派には程々の工作でモノに出来る)、蒸機に関してはコッペルやポーター、雨宮やシェイといった「王道」なプロトタイプを選んでいることが理由でしょうか。
アルモデルは新製品は今回イマイチの人気でしたが、既存製品が売れているためかメーカー・ブランド別では4位にランクインしています。
その4に続く