軽便鉄模アンテナ雑記帳

軽便鉄模アンテナ管理人の雑記帳です。ナローゲージ鉄道模型の話題が主

2012年5月のまとめ

早いもので5月も今日で終わり。この春に就職・進学した方は5月病になっていないでしょうか…なんて余計な心配をする今日この頃。皆様いかがお過ごしでしょうか? ワタシは仕事が忙しくて5月病になるヒマもありません(苦笑)。
…と、愚痴はさておき、この1ヵ月の軽便鉄道模型界を振り返り、2012年5月のまとめをお送りいたします。

今月の話題

★最近、日本のナローファンの間でも徐々に人気が出ているのがアメリカ型HOn3ゲージ(1/87・10.5mm)。アメリカの3フィートナローを模型化した製品が古くから多数発売されていましたが、最近ではプラやダイキャストを使った量産完成品まで発売され、Nゲージと同じように手軽に楽しめるようになりました。日本のナロー鉄模界でも「黒石病」なる謎の病?に感染するモデラーが多数発生しているのはご存じの通りです。今までは道床付線路が存在しないのが難点でしたが、ついにブラックストーンモデルズ社よりHOn3用10.5mmゲージプラ道床付線路の発売が告知。ジョイナー部分はKATOユニトラックのユニジョイナーと互換。カーブ半径はR480との事。これをキッカケに「黒石病」患者がさらに増えるかもしれませんね。

★仙台のコンさんが「暴言」と前置きした上で、「HOeではフルスクラッチに挑戦するという気概が感じられません」とある種の問題提起をされ、それに対して様々な意見が寄せられました。

ナロー、特にHOナローは車輌工作派もいればレイアウト派も多いゲージ。皆さん如何お考えでしょうか?

今月のメディア

鉄道模型趣味(TMS)誌6月号は、前号に引き続きOナロー(1/46)フルスクラッチの頚城コッペルの製作記事が掲載。小林信夫氏の連載は「段ボールで作る 小さな鉱業所」と題してOナロー用の金鉱山のストラクチャーを紹介されています。

鉄道模型趣味 2012年 06月号 [雑誌]

鉄道模型趣味 2012年 06月号 [雑誌]

★とれいん誌6月号では、以前に連載「カルタゴサロン」で製作過程が掲載されたHOナロー6.5mmのレイアウト「羅色鉱業坑山線」がカラーグラフで掲載。sktさんの連載「蕗狩通信」は、プラモデル改造のレールべスパとレールパルが掲載です。

とれいん 2012年 06月号 [雑誌]

とれいん 2012年 06月号 [雑誌]

★実物関連の書籍では、プレスアイゼンバーンより、けむりプロ監修の「忘れ得ぬ 鉄道情景 No.1」が発売。ナローファンに多いけむりフォロアーの方には気になる一冊かもしれません。

講談社からは「究極のナローゲージ鉄道 せまい鉄路の記録集」が発売されました。「400点に及ぶ初出記録写真」が売りの様です。

究極のナローゲージ鉄道 せまい鉄路の記録集 (鉄道・秘蔵記録集シリーズ)

究極のナローゲージ鉄道 せまい鉄路の記録集 (鉄道・秘蔵記録集シリーズ)

今月の新製品

★今までは海外のナロー製品の輸入通販サイトという印象が強かったナローガレージですが、以前より扱っていたペアーハンズOナロー製品に加え、アルモデルOナロー製品と、トーマモデルワークスHOナロー製品の取り扱いを開始しました。

アルモデルもトーマモデルワークスも自社で直接通販していますが、ショッピングカート式でないと苦手…という方や、まとめてあれこれ買いたい方には喜ばれるかと思います。
★Oナローに動力装置が転用できるかも…と話題のKATO-HOのEF510は月末ぎりぎりで発売された模様。動力装置を前にOナローへの転用プランを練っている手の早い方もおられるのでは?

★さて、明日からは6月。そろそろ梅雨ですね。7月のJNMAや8月のJAMに向けて、ナロー関連各社は新製品を計画しているとの噂も聞きます。新製品が出る前に在庫(罪庫?)のキットをガンガン組み立てて消化するのも良いかも。コンさんの言葉に発奮して、フルスクラッチにチャレンジする方もいるかも知れませんね。
それではまた来月!