軽便鉄模アンテナ雑記帳

軽便鉄模アンテナ管理人の雑記帳です。ナローゲージ鉄道模型の話題が主

2019年5月のまとめ

令和になってはや一か月が経ちましたが、皆さん如何お過ごしでしょうか?
ゴールデンウィークの10連休と各種イベント(の後の飲み会)で出費が嵩み、お財布の厚みがナロー化。生活が大ピンチな今日このごろであります(トホホ)
さて、今日で5月も終わりという事で、月末恒例「今月のまとめ」をお送りいたします。

今月のイベント

★5月26日(日)に東京・練馬にて「スワップミート同窓会2019」が開催。詳しくは以下のリンク集をご覧ください。

★その前週の5月19日(日)には、東京・人形町の綿商会館にて、コンさん主催の蒸機工作グループKKCによる「KKC作品展」が開催されました。詳しくは以下のリンク集をご覧ください。

今月の新製品

f:id:keuka:20190531211959j:plain
★アルモデルより、ナロー9mm「猫屋線用蒸気機関車改造パーツセットG、H、I」と「軽便蒸気メタルセット」が発売。トミーテック鉄道コレクション80猫屋線の蒸気機関車の改造用エッチングパーツですが、組み合わせにより、猫屋線が無くても完成する構成になっています。

★トーマモデルワークスからHOナロー9mm「神岡酒井DLキット」と神岡軌道の貨車三種類(緩急車・有蓋車・無蓋車)が発売。貨車の方は完成品が先行しましたが、キットも追って発売されています。

★城東電軌からは、アールクラフト(旧乗工社)のプラ運材台車ディテールアップ用パーツセットが発売されました。


★ナローガレージから9mmゲージ動力ユニット「NパワーW」が発売。2軸の気動車や電車に向けの完成動力ユニットで、車輪径3種(6mm、7mm、8mm)×ホイルベース5種(22mm、24mm、26mm、28mm、30mm)=合計15種類のワイドバリエーションです。

今月のメディア

鉄道模型趣味 2019年 06 月号 [雑誌]

鉄道模型趣味 2019年 06 月号 [雑誌]

鉄道模型趣味(TMS)2019年6月号では、鉄道ファン誌名誉編集長であられる宮田寛之氏による「鉄道聯隊 双合機関車の退役後の姿を求めて」が掲載。宮田氏所蔵のプレスアイゼバーンモデルプロダクト製品(製造は花園製作所)をベースとした双合機関車の切離し改造機のHOナローモデルと、各地で活躍した実物についての解説の記事です。
RM MODELS (アールエムモデルズ) 2019年7月号 Vol.287

RM MODELS (アールエムモデルズ) 2019年7月号 Vol.287

★RM MODELS誌2019年7月号では、西村慶明氏のHOナローレイアウト「サザンアイランド・ナロー」が掲載。先日さかつうギャラリーでの展示会で出展されていた作品です。
また、宮下洋一氏による「昭和模型工作室」では、「猫屋線を電車に改造する」が掲載されています。

今月の話題

★9月29日に開催される第15回軽便鉄道模型祭の出展募集が開始。本日31日が締め切りですが、今年はどのような出展者が集まるのでしょうか?

★KATOのNゲージポケットラインといえば、30年以上前の発売当時からナローゲージャーにその動力が転用されてきましたが、9月に改良再生産される「チビロコセット」「チビ凸セット」では、動力がコアレスモーター化されるとの事。どのような走りになるか今から注目であります。

★さて、令和最初の一か月が終わり、明日からは6月。さわやかな季節からジメジメした梅雨の季節になりますが、こんな季節は部屋で模型作りに専念するのも良いかもしれません。
それではまた来月!