軽便鉄模アンテナ雑記帳

軽便鉄模アンテナ管理人の雑記帳です。ナローゲージ鉄道模型の話題が主

杉山模型フォードレールカー


★皆様ご承知の通り、杉山模型30周年記念の「杉山模型感謝祭」が、今年の軽便祭において開催されるとクリクラ公式ブログで発表になりました。アララギさんも久々にブログを更新されていますな。という訳で、今回は杉山模型のフォードレールカーをご紹介しましょう。
★この模型を購入したのは15年位前の1990年代半頃、新額堂に行った時に買ったのでした。当時の値段は9000円。このレールカーは初めて買った杉山製品であると同時に、初めて買ったブラス完成品でもあります。その頃は杉山模型というのは知る人ぞ知るメーカーで、製品も一部の限られたお店(東京だと天賞堂とか新額堂とか…)でしかお目に掛かれなかった筈です。
★このレールカーはHOn3バージョン(10.5mmゲージ)とHOバージョン(16.5mmバージョン)の2種類がありましたが、購入したのはHOn3バージョンの方。しかし10.5mmの線路なんて持っていないのに、ついついナローの方を買ってしまうのは軽便人間の性というものでしょうか? ちなみにこの製品は9mmバージョンは発売されていません。
★その後、杉山模型は2000年に「ミニグース」を発売、その頃から鉄模連ショウ等で出店即売するようになり今日に至る訳ですが、それについてはまた後日…

▲裏返すとこのようになっている。キドモーターからスパーギアとウォームギアを使って全軸伝動。ギアフェチにはたまらないかも(笑)
▲箱のイラストが楽しい。「n3」とあるのはHOn3バージョンである事を示している。

関連リンク