軽便鉄模アンテナ雑記帳

軽便鉄模アンテナ管理人の雑記帳です。ナローゲージ鉄道模型の話題が主

2017年1月のまとめ

つい先日2017年になったばかりだったのに、気が付いたら今日で1月も終わり。皆さん2017年の最初の1カ月の成果は如何でしょうか? ワタシは模型仲間や仕事関連の新年会が忙しくて、模型工作の方はすっかり御無沙汰。日本酒の飲み過ぎでカロリーが、ビールの飲み過ぎで尿酸値が心配な今日この頃であります。
そのような訳で、本日の晩酌は自粛して、月末恒例「今月のまとめ」をお送りする次第であります。

今月の話題

★昨年発売され、大きな反響を巻き起こしたトミーテック鉄道コレクションの1/80・9mmナロー「富井電鉄猫屋線」ですが、第2弾としてバス窓気動車とバス窓客車、バス窓気動車と木造ダブルルーフ客車のセットの発売が告知され、試作品が業者向け説明会で公開されました。
詳しくは以下をご覧ください

軽便鉄道模型祭の記念エッチング板は今まで会場限定販売でしたが、在庫のあるもの(具体的には南筑の単端と仙北鉄道DC102)について、業者に委託して販売する事が告知されました。

軽便祭で買い逃した方には朗報でしょう。

今月のイベント

横浜の原鉄道模型博物館で、1月18日より3月13日まで「台湾の軽便鉄道展」が開催。なんと台湾より実物のレールカー(巡動車111号)を借用し展示しているとの事。

ところで、原鉄道模型博物館では最近、原信太郎フォト・ライブラリーとしてタッチパネルPCで原信太郎氏が撮影された写真を閲覧できますが、なかなか興味深い写真も多いとの事。この機会に行かれてみては如何でしょうか?

今月の新製品

★トーマモデルワークスからはHOナロー「木曽C型客車 鉄道プラモデル」が発売。

プラモデルと称している様に、鉄道模型として走行させるには車輪の交換が必要ですが、手軽に組めるプラキットの登場は歓迎されている模様。既に複数の方々が作例をアップされていますね。

★モデルワーゲンからはHOナロー「問寒別の日本鉄道自動車製客車II」が発売。かつて一度発売されていますが、設計からやり直しているとのこと。

今月のメディア

鉄道模型趣味 2017年 02 月号 [雑誌]

鉄道模型趣味 2017年 02 月号 [雑誌]

鉄道模型趣味(TMS)誌2017年2月号ではOナロー9mm(On18)レイアウト「奥摩耶軌道 住吉谷作業場」が掲載。2014年10月号に発表されたHOナローレイアウト「奥麻耶鉄道シーサイドライン」の下に作られた作品。On18というとミニパイク的なものが多いですが、奥行きこそ狭いもののゆったりとしたスペースに敷設されているのが特徴。とれいん誌2017年2月号では、昨年10月の軽便鉄道模型祭のカラーグラフが掲載。またsktさんの連載「蕗狩通信」は「水晶鉱山のシェイギヤードロコ」と題して、Sn2(1/64 10.5mm)のシェイを紹介しています。

★さて、明日からは2月。インフルエンザが流行っていますのでお気をつけ下さいませ。それではまた来月!