軽便鉄模アンテナ雑記帳

軽便鉄模アンテナ管理人の雑記帳です。ナローゲージ鉄道模型の話題が主

2019年2月のまとめ

今日は28日、月末にはまた余裕があるのでゆっくりと今月のまとめを…と思ったのですが、よく考えたら今月は2月。すなわち今日が月末日ではありませんか!!
毎年思う事ですが、なぜ2月だけ日数が少ないのでしょうね?
というわけで、大慌てで「今月のまとめ」をお送りする次第であります。

今月のメディア

アメリカのナローゲージモデル専門誌、Narrow Gauge and Short Line GAZETTEガゼット)誌のチャーリー・ゲッツ氏による連載コラムにて、昨年綿商会館で開催された第14回軽便鉄道模型祭の模様が紹介されました。軽便祭当日、展示を熱心に見ている外国のおじさんがいると思ったのですが、何とNMRAの会長も務めるアメリカ模型界の大物、チャーリーゲッツ氏だったのです。記事を読むと、日本の軽便鉄模界に相当な感銘を受けた様子。

とれいん 2019年 03 月号 [雑誌]

とれいん 2019年 03 月号 [雑誌]

★とれいん誌2019年3月号では「蕗狩通信」が久々に掲載。今回は「橋梁お立ち台ジオラマの組立高架レイアウト」。昨年の池袋鉄道模型芸術祭で展示されていたので、ご記憶の方もおられるでしょう。
f:id:keuka:20180324100314j:plain
また、先月末に急逝された編集部の西原功氏の訃報と、寄稿者やスタッフからの追悼文が掲載されています。

鉄道模型趣味 2019年 03 月号 [雑誌]

鉄道模型趣味 2019年 03 月号 [雑誌]

鉄道模型趣味(TMS)誌2019年3月号ですが、いのうえ・こーいち氏の連載「模型のためのエッセンス」でドイツのナロー鉄道保存クラブ「フェルトバーン・ミュウジアム・ドレスデン」を紹介。模型ではなく実物の軽便機関車を動態保存している団体ですが、今回紹介された保有機の中に、間もなく発売になるトミーテック猫屋線の蒸気機関車にそっくりなヘンシェルの機関車がいます。
偶然なのか、トミーテックがモデルにしたのか、どちらなのでしょうね?

今月の新製品

ワールド工芸から1/80 9mmナロー「コッペルタイプBタンク蒸気機関車」キットが発売。鉄コレ動力を使用するホワイトメタル主体のキットです。今まで同社は1/87基準、かつエッチング主体でナローを製品化してきましたが、今回は猫屋線とそのユーザーを意識したスケール、製品構成であります。

今月の話題

★コンさんの主宰する蒸気機関車工作派グループ「KKC」が5月19日に綿商会館で作品展を開催することを告知しました。

KKCは10年前の2009年に横浜で「古典祭」を開催しましたが、それ以来久々の公開イベントになります。

★明日からは3月。春が近付いてくるのでウキウキしますね(花粉症がヤバいですが…)
それではまた来月!