軽便鉄模アンテナ雑記帳

軽便鉄模アンテナ管理人の雑記帳です。ナローゲージ鉄道模型の話題が主

DCCマニュアル2009(機芸出版社刊)の買い方

(2011/6/5追記)

以下の記事は2009年時点で書かれたものです。当時の状況を記録する意味でそのままにしてありますが、現在の状況とは異なる事をご承知の上でお読みください。

DCCマニュアル 2009

DCCマニュアル 2009

アクセスログを見ると、ここ1週間ばかりDCCマニュアル2009」という検索キーワードで本ブログに訪れる方が多い模様。
先日機芸出版社から発売になった「DCCマニュアル2009」(根津達也氏著)についての情報を捜し求めておられるのですな。ワタシも勉強の為にこの本は買う予定ですが、まだ入手していません。
★アマゾンとかのネット書店を見てみましたが、何故かこの本はまだ取り扱われていませんね(2009/11/24追記:その後ようやく取り扱うようになった様です。末尾の追記参照)。おそらく検索で来られた方はどこで買えるのだろうかと必死になって検索されているのだと思います。
東京だったらエコーモデルIMONのような専門店や、DCCに熱心な平和島さかつう鉄道模型ホビーセンターKATO等の専門店だと置いてあると思いますが、近くにそういう模型屋さんが無い方も多いかと思います。
★入手したい方は、ネットで探すより近所の本屋に取り寄せてもらう方が手っ取り早いです。下の部分をプリントアウトして、本屋さんに行き、「この本の取り寄せをお願いします」と一言言えばOK。2〜3週間位かかりますが、確実に入手できますし、手数料も送料も不要です。

=============きりとり=======================

DCCマニュアル2009 根津達也著
B5判 定価2520円
機芸出版社刊

=============きりとり=======================

★急ぎであれば、機芸出版社に直接頼めばOK。まず郵便局へ行き、郵便振替の用紙を貰います(「払込取扱票」と書いてある用紙)。
口座番号は「00130−1−116287」、加入者名は「機芸出版社」金額は定価2520円プラス送料150円の「2670円」、通信欄には「DCCマニュアル2009 1冊」と記入、ご依頼人の欄には貴方の名前と住所を記入します。
「通常払込」と「電信払込」がありますが、電信払込は手数料が高く、その割には大して早くないので「通常払込」にしましょう。通常払込の手数料は窓口だと120円、ATMからだと80円です。
★アマゾンとかヤフオクとか、便利であるし凄いシステムだとは思うのですが、長年掛かって形成された既存のシステム(出版社→取次→書店の流通とか郵便振替とか)もなかなか凄いし便利なのです。ところがネットを使いこなしているような人ほど意外とそれをご存知なくて、アマゾンのマーケットプレイスヤフオクカモにされている例を良く見ます。気をつけましょう・・・という余計なオセッカイでした。

(2009/05/10追記)

今日、鉄道模型市の会場で長者丸氏に現物を見せてもらいました(初めてみたよ・・・)。長者丸氏はカツミで買ったそうです。

(2009/05/12追記)

どうしてもネットで買いたいという人は、「鉄道e倶楽部」(書泉が運営)で扱っているようです。(
http://railway.e-club.shosen.co.jp/
上のページにアクセスして、検索の「出版社名」に「機芸出版」(機芸出版と入れるとダメ)といれて、検索ボタンを押すと出てきます。「書名」に「DCC」と入れて検索してみましたが、何故かダメでした。
ただし、送料が東京都と埼玉県でも450円と高いので、あまりオススメとは言えないかも・・・

(2009/06/09追記)

セブンアンドワイのネット通販で扱い始めた模様。
セブン&アイの総合通販サイト|オムニ7
送料は代引以外無料になるようです。セブンイレブン店頭での引き取りも可能です。
セブン&アイの総合通販サイト|オムニ7
ただし、「出版社からの取り寄せ」となっているので、1〜3週間程度時間が掛かるようです。

(2009/11/24追記)

ようやくアマゾンでも取り扱うようになった模様・・・

DCCマニュアル 2009

DCCマニュアル 2009

といっても、「通常2〜5週間以内に発送します」とあるので、在庫はなくて取次経由で出版社から取り寄せるという事でしょう。

(2011/06/05追記)

最近はアマゾンでも在庫を持つようになった様ですね。書影もアップされてますし。とりあえず一件落着でしょうか。